本場鹿児島の焼き芋専門通販ショップ|おいもや さつまいもの本場鹿児島から、種子島産の人気の安納芋と地元で採れた紅はるかを使って秘伝の大釜で焼き上げた、甘くて美味しい焼き芋をお届けいたします。冬場はレンジでチンするだけで焼き立てスイートポテトとして、夏場は自然解凍で焼き芋アイスとしてお楽しみいただけます。普段のおやつはもちろん、お茶菓子や贈答用としてもおすすめです。

焼き芋の作り方を知ろう!

ホクホクに出来上がった焼き芋

 

焼き芋の作り方を知ろう!

 

この記事を読むための時間:3分

 

焼き芋をいざ作ろうと思っても、調理方法がわからない方は多いのではないでしょうか?
焼き芋のポイントや作り方を紹介します。
簡単に作ることができるので、自宅で挑戦してみましょう。
ぜひ、おいしい焼き芋を食べてください。

 

焼き芋のポイント

焼き芋を作る際のポイントを紹介します。
さつまいもには、いろいろな品種があります。
品種によって食感が変わります。作る温度で使う物は変わります。
ポイントを押さえて、おいしい焼き芋を作りましょう。

 

品種を選ぶ

さつまいもには、ねっとり系の安納芋や紅はるか、ほくほく系は紅あずまや鳴門金時、しっとり系のシルクスイートなどがあります。
スーパーの売り場で見かけるものばかりで、比較的安価で購入できます。
お好みの食感のものを選びましょう。

 

使う物は温度で決める

焼き芋をじっくり焼く場合は、アルミホイルを巻きましょう。
アルミホイルがなければ、そのまま焼いてもかまいません。

60~70度の低温でじっくり焼き上げることで甘みが増します。
一気に焼く場合は、ぬらしたキッチンペーパーか新聞紙を巻いてから、アルミホイルで巻きます。
二重で巻くことでパサパサ感を防げます。

 

焼き芋の作り方

焼き芋には、オーブンやトースター、魚焼き機などで作ることができます。
電化製品によって食感やおいしさが違うので、食べ比べてみるのも楽しいです。
ぜひ自宅でおいしい焼き芋を作ってみてください。

 

オーブンで作る

オーブンは細かく温度設定ができるので、さつまいもをじっくり焼けます。
そのまま温度設定をして焼くだけと、料理が苦手な方でも簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください。さつまいもをよく洗ってから、ぬらした新聞紙をしっかり隙間なく巻きます。
上からアルミホイルでしっかり包みましょう。
オーブンに入れて、余熱なしで160℃で1時間30分ほど焼きます。
焼き上がったら10分ほどそのまま置いておいてください。竹串がすっと通ったら出来上がりです。

 

電子レンジで作る

オーブンは持っていない方は、電子レンジで作りましょう。短時間ですぐ作れるので、忙しいときにもおすすめです。
アルミホイルは、マイクロ波によって発火する恐れがあるので使わないでください。
ラップを巻いた後は、フォークなどで穴を開けないと膨張して破裂する可能性があるので、注意しましょう。

さつまいもを洗って、たっぷりぬらした新聞紙かキッチンペーパーで、しっかり隙間なく包みます。
上からラップでしっかり包んでください。ラップにフォークなど数カ所で穴を開けましょう。
お皿に乗せて500Wで10分ほど加熱します。そのまま5分放置します。竹串がすっと通ったら出来上がりです。
もし固ければ、数分加熱してお好みのやわらかさにしてください。

 

トースターで作る

パンを焼くトースターで焼き芋をおいしく作れます。
トースターは、一般的なものから高性能のものまでさまざまな機能のものがあります。

トースターは電子レンジと同じように簡単に作ることができるので、一人暮らしをしている方にもおすすめです。

さつまいもを洗って、アルミホイルでしっかり隙間なく包みます。
トースターに入れて、800Wで15分焼いて10分置きましょう。ひっくり返してからさらに15分ほど焼きます。
竹串をすっと通ったら出来上がりですが、固ければ15分ほど焼いてください。
さつまいもの大きさによって焼き時間は変わります。竹串で確認して焼いてください。
じっくり焼いているので甘みの増した焼き芋が出来上がります。

 

魚焼きグリルで作る

自宅のガス台の魚焼きグリルで、焼き芋を作りたい方がいるかもしれません。
魚焼きグリルに遠赤外線の機能がついたものだと、本格的な焼き芋に近いものが出来上がります。
焼き芋屋さんに負けないくらいの焼き芋を作りましょう。

さつまいもを洗って、アルミホイルで包みます。魚焼きグリルに入れて弱火で30分焼きましょう。
そのまま10分ほど置いておきます。

竹串がすっと通ったら出来上がりです。片面焼きのグリルの場合は、
20分ずつひっくり返しながら焼いてください。

 

炊飯器で作る

炊飯器は、スイッチONで料理が苦手な方でも簡単に焼き芋を作れます。
ねっとりした焼き芋が好みの方は、水の量を多めに入れるか、玄米モードで炊いてください。
さつまいもを洗って、炊飯器に入れます。さつまいもが浸かるくらいの水を入れましょう。
炊飯モードのボタンを押して炊きます。
そのまま10分ほど置いて、竹串が通ったら出来上がりです。
さつまいもが大きくて入らなければ、半分に切って入れてください。

 

おいしい焼き芋を作ろう!

さつまいもの品種が違うと焼き芋の食感が変わります。お好みのさつまいもで焼き芋を作りましょう。
電子レンジやトースター、魚焼きグリルなど自宅にある電化製品で本格的な焼き芋を作れます。
時間がない方や一人暮らしの方でも簡単に作れるので、ぜひ、おいしい焼き芋を作ってみてください。

本場鹿児島の焼き芋専門通販ショップ|おいもや

本場鹿児島の焼き芋専門通販ショップ|おいもや

さつまいもの本場鹿児島から、種子島産の人気の安納芋と
地元で採れた紅はるかを使って秘伝の大釜で焼き上げた、
甘くて美味しい焼き芋をお届けいたします。
冬場はレンジでチンするだけで焼き立てスイートポテトとして、
夏場は自然解凍で焼き芋アイスとしてお楽しみいただけます。
普段のおやつはもちろん、お茶菓子や贈答用としてもおすすめです。

屋号 有限会社おいもや
住所 〒893-0037
鹿児島県鹿屋市田崎町2810-1
営業時間 9:00~17:00
代表者名 長崎 あけみ (ナガサキ アケミ)

コメントは受け付けていません。

特集

0